アンボーテフェミニーナウォッシュ 成分

アンボーテフェミニーナウォッシュの対策は保湿!

 

 

皆さんは、デリケートゾーンのケアをどのように行っていますか?

 

デリケートゾーンと言えば、入り組んだ形状ながら分泌物も多く、常に下着に包まれているため蒸れやすいケアの難しい場所ですよね。

 

 

そんなデリケートゾーンのニオイや黒ずみに悩んではいませんか?

 

あのデリケートゾーン独特の嫌な匂い…
どうにかして解決したいですよね。

 

でも、その思いが先走ってボディソープやスポンジで強く洗ってはいませんか?
そのケアは、絶対にやってはいけないデリケートゾーンのケア方法なんです。

 

ボディソープやスポンジでデリケートゾーンを洗うと、肌を守る働きを持つ「潤いバリア」も汚れや細菌と一緒に流れていってしまいます。
潤いバリアは、デリケートゾーンの肌が自ら潤いを出すことによって作られています。

 

潤いバリアを失った肌は乾燥して汚れがたまり、細菌も繁殖しやすい環境になってしまいます。
その結果、あの独特の嫌な匂いがしてしまう、というわけです。

 

 

そんな難しいデリケートゾーンのケアにオススメなのが、アンボーテフェミニーナウォッシュです。

 

アンボーテフェミニーナウォッシュは、デリケートゾーン専用のソープです。
ソープなのでもちろん、デリケートゾーンの汚れをしっかりと洗い落としてくれます。

 

しかし、アンボーテフェミニーナウォッシュはそれだけではありません。
豊富な保湿成分によって、デリケートゾーンの肌をしっかり保湿します。
汚れを落としただけでは潤いバリアは剥がれたままです。
しかし、その後アンボーテフェミニーナウォッシュできっちり潤いを与えてあげることにより、潤いバリアを再び張ることができます。

 

これによって細菌の繁殖や刺激からデリケートゾーンを守ることができるようになります。
洗い流すだけでなく、しっかり保湿してくれるのがアンボーテフェミニーナウォッシュなのですね。

 

 

潤い、整え、守る成分はこちら

 

 

アンボーテフェミニーナウォッシュの特徴の1つは、先程も言った通りその保湿力です。
その保湿力を支えているのは、豊富に含まれた肌を潤わせ、整え、守る成分です。

 

ここでは、どのような成分が含まれているのか見てみましょう。

 

 

潤い成分

潤い成分としては、角質層へ美容成分が浸透するのを助けるダマスクローズ水、保湿の王様とも言われ角質層のすみずみまで水分を蓄えさせるアロエベラ。

 

その他にも、肌に潤いを与え、乾燥から守ってくれる働きを持つビタミンCやアルギニン、リンゴ酸やクエン酸などの成分が入っています。

 

整え力

潤いを与えるだけでは、荒れていたり、洗浄によって刺激を受けた肌はきれいな状態に戻りません。
ですから、アンボーテフェミニーナウォッシュには肌を整える成分も含まれています。

 

その成分の1つは、ローズヒップ。これは、乱れた皮膚のキメを整える効果を持っています。
また、肌をひきしめ乾燥しないような働きを持つエーデルワイスやエルダーフラワーなども配合されています。

 

守る力

肌を保湿しきれいに整えた後は、刺激や細菌から肌を守らなければなりません。
これに効果的なセージ、ハマメリスなどがアンボーテフェミニーナウォッシュには含まれています。

 

だからアンボーテフェミニーナウォッシュはこんな実感!

 

 

では、アンボーテフェミニーナウォッシュを使った人はどんな実感を覚えているのでしょうか?

 

 

アンボーテフェミニーナウォッシュの販売サイトでは、なんと満足度87.6%。
9割近い人が満足しているんですね。

 

どのような声があるか具体的にみていきましょう。

 

「アンボーテフェミニーナウォッシュをプッシュしたり、お風呂上がりのときのローズとシトラスの香りがします。これがとってもお気に入りです。」

 

「ニオイが気にならなくなりました。心なしかデートのときにも自信がついたように思えます!」

 

「デリケートな私の肌でも安心して使うことができています」

 

どうでしょうか?
このように効果を実感する人が多いようです。
中には、「積極的に彼に甘えられるようになっちゃいました!」なんて人も。

 

あなたも、デリケートゾーンの悩みをアンボーテフェミニーナウォッシュで解決して生活を変えてみませんか?
チャンスはすぐ目の前にあるかもしれませんよ。